私たちが扱う主要な症状

私たちの患者のほとんどは、少なくとも2つ以上の症状があります。 このページの下部にある症状の説明を含む詳細なリストをご参照ください

  • 尿意頻数 /尿意切迫/排尿ちゅうちょ
  • 座位痛
  • 直腸/会陰部痛/陰部痛
  • 性交時/後痛
  • 便通後の痛みまたは不快感消失
  • 下腹部痛
  • 尾骨痛/腰痛
  • ストレスで症状が増すことがある
  • 熱浴または加熱ヘル
  • 薬物治療、通常の治療法、手術では解決できない
  • 医学的検査で疾病は見つからない
  • うつ病/症状に対する恐怖/生活の質の低下

前立腺炎

前立腺は、前立腺炎で診断された男性の大多数の症状の原因ではありません。

1995年から アメリカ国立衛生研究所(NIH)は前立腺炎の症状を4種に分類し直しました。前立腺の感染症/炎症は前立腺炎と診断された男性たちが苦しむ症状の原因ではないという事実を示す研究が増えました。抗生物質、アルファブロッカーと抗炎症薬で前立腺炎と診断されたものを治療することの失敗はもう古いニュースです。前立腺炎と診断された男性患者の大多数には、前立腺感染症がなく、前立腺の病変もなく 、前立腺炎で引き起こした症状という説明ができません。これが、前立腺を対象とした治療(抗生物質、アルファブロッカー、抗炎症薬)が通常に 役立たない 理由です 。2015年に発表された研究では、治療6ヵ月後に患者の3分の1が自発的にすべての投薬を中止したと報告しています。

LISTEN TO THE PODCAST

 

従来の医学で前立腺炎に対する誤解はなぜですか?

pel3P前立腺炎は、前立腺の感染或は炎症を指します。過去30年間の研究によれば、前立腺炎として名医によって診断されたものの約90-95%は、実際に前立腺ではないことが報告されています。政府および主要な研究は、前立腺炎と診断された男性のほとんどが感染していないことを示しています。感染の存在を確認するためには、前立腺液の陽性培養が必要であり、これは容易にできるが、しばしば行われていません。確かに、私たちのチームがこのコンセプトに精通している理由の1つは、ロドニー・アンダーソン博士(『骨盤の頭痛』の共著者)は、スタンフォード大学で前立腺炎と骨盤痛クリニックを前立腺と骨盤痛の治療を数年間にわたり行いました。前立腺炎の元の検査の共同発明者であるThomas Stamey博士と一緒に働きました。

Jeannette Potts博士はもともと、「バーンラップ」を得ていることを強調するために、そして前立腺炎と診断された男性の痛みの原因は感染、炎症または病状には実際には見られないことを強調するために、前立腺の問題は、骨盤の器官ではなく、骨盤の筋肉にあります。これらの筋肉の慢性的攣縮は通常数年間のストレスに関連し、結局骨盤底の慢性的攣縮、スパスム、トリガーポイントの形成をもたらします。

骨盤のこむら返り

cycle

Tension-anxiety-pain-protective guarding self-feeding cycle

ワイズーアンダーソン・プロトコルは、前立腺炎を骨盤こむら返りとみなすことに基づいた療法です。骨盤こむら返りにより緊張や不安の自生的サイクルと鎮痛的筋性防御を形成させます。未治療のまま放置すると、このサイクルが悪循環になります。そのため、この状態は慢性になり、他の多数の障害のように自然には解消しないのです。

骨盤のこむら返りが、尾を足の間に巻き込むという生物学的、哺乳類的な反応によって引き起こされると考えております。哺乳類は恐怖を感じた時、骨盤の筋肉が緊張して、尾を足の間に巻き込むことをよく見られます。人間はもはや尾を持っていないが、ストレスを感じると、骨盤の筋肉が収縮する場合があります。骨盤底の慢性的攣縮、スパスムは、恥骨上、陰茎、精巣、会陰、肛門、尾骨、腰などの部分の慢性痛の原因となります。この慢性の収縮は、排尿、排便、射精、座り、およびその他の基本的な日々の機能に問題を引き起こす可能性があります。。

前立腺炎は、局所的および全身的な障害の両方である

前立腺炎は患者に当惑と不便をもたらすものと思われます。苦痛から解放するため、患者たちが医者に訪ねて、治療を求めます。しかし、従来の治療では、ほとんど全般的に前立腺炎が誤解されていました。それがせいぜい部分的かつ短期的であり、最悪の場合、外科的介入または特定の注射のようなものは、問題を悪化させる可能性があります。

前立腺炎の従来の治療の根本的な誤りは、一般的に頻繁に起こる神経系が骨盤筋を慢性的に緊張させるという点で、全身性および局所性の問題であるという事実を全体的に把握していないことです。慢性の心配、不安、神経質な覚醒が、骨盤筋の局所的な痛みおよび機能不全をもたらすという点で局所的な視角です。両方の面を効果的に治療しなければ、前立腺炎は治らないです。

年間を通じて提供される6日間のクリニックでは、最も進歩した内外の理学療法の自己治療(局所治療)で患者を訓練し、リラクゼーションプロトコールを実践することによって、前立腺炎の局所的および全身的な次元を解決することに専念しています。長引く奇異性弛緩(Extended Paradoxical Relaxation)は毎日の神経系の緊張を減らすことを目的としています。

成功している、知的で、野心的で責任感がある人たちに多発する前立腺炎の症状

前立腺炎と診断された人の大部分は、成功し、知的で野心的で責任感のあるタイプの人格です。良い教育背景の男性にとっても、上で概説した前立腺炎の症状は前立腺の問題ではなく、ストレスに引き起こされた骨盤筋肉群の慢性的攣縮、スパスムであるということは新しい知識です。スタンフォード大学では、安全性と有効性が研究で記載され、医学雑誌に掲載された治療法のパイオニアでした。前立腺炎の症状の原因と治療についての新しい理解は、『骨盤の頭痛』第六版で詳述されています。

トリガーポイント(発痛点)と前立腺炎

我々は2005年から、診断された前立腺炎の症状改善に関する成果を発表し始めて、2006, 2008, 2009, 2010, 2011と2015年にも続いて発表しました。泌尿器科学会誌で発表された2009年の研究により、多くの症状は特別な痛みを伴うトリガーポイント(発痛点)の触診で再現できることを示しました。そして先述した症状が骨盤内外の慢性的に収縮した筋肉に多発します。長年にわたり、骨盤床トリガーポイントの敏感や痛みが軽減または排除され、それらを誘発する神経興奮が減少すると、ほとんどの患者において症状および痛みの軽減がほとんどいつも起こることがわかった。私たちの経験では、骨盤を緊張させるという生涯の習慣が大幅に軽減するには時間がかかります。骨盤底のトリガーポイントや筋膜の制限を緩和し、関連神経系の興奮を低下させるための患者のトレーニングは、6日間の診療の目的となります。

細菌性前立腺炎 VS 筋肉に基づく骨盤痛

ここで強調したいのは、細菌性前立腺炎に抗生物質の使用は現代医療成果の一つです。細菌性前立腺炎を患っている人にとって、抗生物質は唯一の有効的な治療法です。しかし、全ての骨盤痛と機能障害を急性または慢性の細菌性前立腺炎と見なすことは誤診です。細菌性前立腺炎のケースの中では、実際にただ5%或はもっと少ない患者に骨盤痛に関する諸症状が起きています。

ワイズーアンダーソン・プロトコル

6日間のイマージョンクリニック

私たちは1995年にスタンフォード大学の診察室で、骨盤底機能不全の患者の診察をし始めました。 2003年には、カリフォルニア州サンタローザで開催された6日間のイマージョンクリニックの形で、ある個人の診療所で療法を改善しました。この診療所は14人の患者に限定され、年間を通して提供されており、骨盤底の慢性的に収縮した筋肉をリハビリする患者を教え、毎日の不安を軽減させます。ワイズーアンダーソン・プロトコルは進化しました。ワイズーアンダーソン・プロトコルは、自己治療で訓練された患者さんの自宅で毎日行われることにより、多くの患者の人生の取戻しに役立っています。自己治療の目的は、患者がプロの治療法から解放されることです。10年以上にわたり、医療 研究により、訓練された患者の自己治療の結果が報告されています。

詳細については、 こちらをクリックしてクリニックのページをご覧ください

費用と適格性についての質問は、下記のフォームに記入してください。[email protected]まで電子メールを送ってください。または+1(707)332-1492までお問い合わせください

前立腺炎の症状

(ほとんどの患者に少なくとも2つ以上の症状があります)


  • 頻尿は煩わしさから疲れ果てるまでいろいろである。
  • 膀胱、尿道、性器にいつまでも不快感をきたすのが特徴である。
  • 特徴的には排尿後に出きった感じがなく、また トイレに行きたくなる。
  • 頻尿や尿意切迫はトイレの近くに居りたくなる。時に排尿を我慢できなくなる。
  • 映画館でもスポーツイベントでもすぐ出れる通路側の席に着く。
  • 患者によっては生活がトイレの近くで回っているような印象を受ける。
  • 切迫尿意や頻尿は患者の睡眠を妨げ、何回も夜間におきたり、その後の入眠に支障をきたす。

  • 排尿困難は非常に苦痛なもので排尿が苦しい体験となり、さらに痛みを引き出す。
  • 排尿中の灼熱患あるいは痛みはしばしば困惑させるが骨盤底の機能障害からくる。
  • 時には排尿中はどうもなくて排尿後に痛みがある。
  • 骨盤筋群の慢性的な攣縮や筋膜の収縮が収まれば多くの患者では排尿障害も解決する。

  • しばしば夜間排尿は大きな問題で患者の睡眠は障害され、彼らはいつも消耗している。
  • 睡眠障害からくる消耗は緊張、痛み、予防的防御や心配のサイクルに落ち込ませる。

  • 男性では尿線の細小化は前立腺肥大症やその他の前立腺疾患の医学的評価が必要な重要な症状である。
  • 筋性骨盤痛の人の中には排尿開始までに時間のかかるひとがいる。
  • 排尿開始に時間がかかるのは排尿を待ち過ぎた際にひどくなる。(我々は括約筋の緊張が攣縮になるためと推測している。)
  • 尿線の細小化は、特に若い男性では自尊心の低下や心気症の原因となり得る。
  • 排尿異常が筋性慢性骨盤痛の症状であるならば骨盤底のリハビリにより改善し得る。

  • 会陰部は骨盤痛の生じるもっとも一般的な部位で、いつも痛みを感じ、非常に苦痛である。
  • 会陰部は骨盤底のほとんどの筋が付着する部位で関連痛(原因となる部位以外の部位に痛みを感じる)が起きやすく、いろいろな部位に痛みを感じる。
  • 会陰部はサドル痛が起きやすい。
  • 会陰部と肛門括約筋は患者がゴルフボールの上に座ったような感じと表現する部位である。
  • 会陰部痛は座ったり、立ったりすることで悪化する。
  • 2009年に我々が泌尿器科雑誌に発表したスタンフォードでの研究では対象の79%が会陰部痛を訴えた。
  • 同じ2009年の論文で会陰部に関連痛を引き起こす、中心的な腹部、骨盤筋群を発表した(腹直筋、大内転筋、尾てい骨筋)。

  • 性行為の後、何時間あるいは1日不快感が増強するのは男女を問わず珍しくない。
  • 慢性骨盤痛を持つ男女が性行為の間あるいは後に、不快感がしばしば増強することに対する説明は:
    • 性行為の最中は神経刺激が有意に高くなる。
    • オルガスムは骨盤、前立腺、精嚢の筋群を強く収縮させ、その間1秒に1回継続する。
    • 収縮の波状増強で生じるオルガスムの快感はさらに骨盤筋群の緊張を起こす。
    • 一時的に増強された緊張はすでに緊張している部位のさらなる緊張を起こすためオルガスムは患者の症状の限界を越えさせる傾向にある。
    • 患者が骨盤底筋群をリラックスさせることを学べば増強される筋の収縮を感じ取ることができる。
    • ある程度の時間的経過(数時間、数日、数週間)でオルガスム後の緊張の高まった骨盤筋群がリラックスし、もとの状態に戻る。
    • 骨盤底の正常に消退した緊張がそのまま再燃する(慢性の骨盤痛症候群ではある程度の痛みや不快感が再発する)。
    • そのためセックス後に症状が悪化する場合我々は性行為を増やすことは薦めない(我々の男性患者で担当医に薦められることは時に見受けられる)。

  • 骨盤痛では座位は非常に苦痛や怯えにつながり正常の生活すべてに影響する。
  • 座位は不快感、痛みなど症状のきっかけや増悪をきたし骨盤の前、後ろ、両側に痛みを生じる。
  • 座位痛は朝のうちは軽く始まり、一日中座っていると不快感は夜まで続く。
  • 座位が非常に不快なので、患者はレストランではクッションのある椅子を探す。
  • 座位痛は友人や家族と、座ってくつろぐことを惨めにする。
  • 長距離のフライトやドライブを痛みなしにするのは難しい。
  • 時に患者は座ってする仕事ができないため無能力者扱いされる。

  • ペニスの先や体部の痛みは普通の症状である。
  • 時にペニスの痛みに先の皮膚の発赤を伴う。
  • 時にペニスと下着やパンツにすれると不快感がある。
  • 性器痛は前肛門挙筋からの関連痛(原因となる部位以外に感じる痛み)で、患者によっては解決しやすい症状である

  • 精巣の痛みや不快感は特に悲惨で恐ろしいものである。
  • 痛みや不快感は一側または他側に感じる
  • 時に肛門括約筋に痛みがあると精巣挙筋精巣が精巣やペニスを引っ張り上げ、患者を当惑させる。
  • 精巣痛のある患者は医師や患者自身に過少評価される。

  • 恥骨の上部の痛みはよく見られる症状である。
  • 恥骨上部痛は頻尿、切迫尿意、排尿困難などの骨盤全面の症状を有する患者にありがちである。
  • 時には恥骨上部を圧迫すると肛門直腸周辺に波及し、時には膀胱痛を経験する。
  • 痛みは一側または他側あるいは中央部に感じる。

  • 尾骨痛はよくある。
  • 骨盤底や尾骨に付着する筋群の痛み(原因となる部位いがいで感じる痛み)は典型的で尾骨によるものではない。
  • 臨床において尾骨が切除された患者の多数は痛みの軽減がなかった。
  • 尾骨痛はしばしば排便後痛と関係している。

  • 腰痛は珍しくなく、骨盤底筋群から生じる関連痛(原因となる場所以外で感じる痛み)で、しばしば患者や担当医を混乱させる。
  • 不快感はあちらこちらに生じ、遊走することもある。

  • 鼠蹊部痛はしばしば鼠径ヘルニアと紛らわしい。
  • われわれは痛みのため、ヘルニア手術をうけたが鼠蹊部痛は解決しない患者を見てきた。
  • 内転筋は大きく、大変強い大体内側の鼠蹊部にある筋でこの筋が慢性的に収縮すると骨盤内に優位な関連痛を起こし、直腸にまで及ぶ。

  • 緊張した骨盤筋群が弛緩すると排便後に緩和する。
  • 排便後の不快感はもしその後さらに強い症状を引き起こすと特に困惑する。
  • 痔核や切れ痔がなく、この症状が現れるということは文献には記載されていないがわれわれの経験ではこの症状は珍しくない。
  • 排便の機序は直腸に便が溜まり、内肛門括約筋と恥骨直腸筋に弛緩シグナルを送り便意が生じる。
  • 一旦便が弛緩した肛門括約筋を経て体外にでると内肛門括約筋は反射的に閉鎖する。
  • 骨盤痛があって排便後層状が悪化する人は内肛門括約筋が過剰に閉鎖していると考えている。
  • 排便前より排便後の方がより閉鎖力が強い場合は、時に痛みを伴う攣縮が生じている
  • 排便後痛がリラックスした状態で、ゆっくり排便することで改善するならば、さらにもっとリラックスした状態で排便することで症状の緩和が得られる。
  • 我々の患者では、排便後痛が軽快すればすべての慢性的な骨盤筋緊張が緩和する。

  • 時に痛みまたは感覚は骨盤や腹部の一か所に現れ、次の日には他の部位に現れる。

  • セックスで痛みがあったり、セックス後に痛みがあったりすると痛みを避けるためセックスを遠ざけることは珍しくない。
  • 男性、特に若い患者ではでこの恐怖があると勃起障害や恋人関係や求愛行動すら困難にする
  • 我々の考えではセックスにたいする恐怖心は、行為に対する恐怖心や勃起障害として医学的な治療を受ける理由になる。
  • 我々の経験では骨盤痛や骨盤機能障害がなくなれば心配やそれに伴う勃起障害も改善する傾向にある。

  • セックスに対する興味が減弱するのは珍しくない。
  • 筋性骨盤痛では多くの場合、性的活動を含む肉体的な病態はない。
  • 我々の考えではリビドーの低下は心配がかさなったもので、自尊心の減弱、骨盤痛などが性的衝動や性的興味を弱くする。
  • 痛みや骨盤筋群障害の改善がリビドーの減弱の改善となる。

  • 骨盤痛のもっとも難しいのは絶対に消退しないと悲劇的に思うことである。
  • 多くの骨盤痛の患者は痛みに心を奪われている。
  • 不安や悲劇的な思いは患者をして、生活から意識をそらせ、将来の到底受容できない景色を描かせる。

  • うつ病には生活の中で危険なほど悪いことをどうしようもないという思いが含まれる。
  • 激しい骨盤痛のなかで、それは絶対になくならないという思いが多くの患者でうつ病のきっかけになる。
  • 医師が救うことができない、あるいはトンネルの先に光が見えない場合、うつ病、不安うつ病が例外ではなく普通のものとなる。

  • 社会的な引きこもりは慢性疼痛から生じるもので現在の楽しみに有害なものになり得る。
  • 骨盤痛は家族、友人との関係において十分に楽しめる可能性を奪い、家族、友人やパートナーに大きな影響をきたす。
  • 患者のセックスや外出、人間付き合い、旅行計画、子育て、社交やその他のパートナーシップや結婚生活から身を引くことでパートナーに影響を与える。

  • 骨盤痛を有すると自尊心が低下する。何故ならば患者は他の人が自分と一緒にいることを望まないのではないかと恐れるからである。

  • 睡眠障害は珍しくない。
  • 患者は排尿のためまたは痛みやその心配のため目覚める。
  • 我々は骨盤痛の患者では朝コーチゾールの急峻な増加について論文を発表している。(Cortisol and Men with Chronic Prostatitis – American Urological Association Poster 2007)

  • 通常のストレスでも尋常でないストレスと同様、症状を悪化させる。
  • ストレスが骨盤痛のトリガーであれば同時に緊張‐心配‐対痛み防御サイクルのトリガーになりがちでストレスがなくなっても持続する。

  • 慢性骨盤痛の本当の悩みはどうしようもないことと望みのないことである。
  • どうしようもないこととは患者が止めようがないことからくる。
  • 痛みまたは不快感は疲れさせ怖がらせる
  • 骨盤痛の患者で望みがないというのはかれらを助けるすべが全く見えないことである。

  • 慢性骨盤痛症候群を持つ患者を当惑させるのは通常の画像や血液、尿検査やその他の検査で何も異常を見いだせないことや治療の方向性をしめされないことである。
  • 通常の医療、例えば抗生剤、αブロッカー、消炎剤、痛み止めやすべての手術や処置では症状を改善できない。

一時的に症状を緩和する方法:

  • 温水浴や温めるのは一時的な解決策である。
  • 一部の患者は寒い気候は症状を再燃させる

  • ベンゾジアゼピン類はしばしば数時間の間、症状を和らげるのでうまく使えば効果的である。
  • ベンゾジアゼピンは常習性があり骨盤痛に常に使っていると効果はなくなる。
  • ベンゾジアゼピンは使用者を疲労させ運転するときは使わせないか警告すべきである。

  • 短時間の睡眠や休みを取るのは痛みを時に和らげる