肛門挙筋症候群

ワイズーアンダーソン・プロトコル (スタンフォードプロトコル)を用いて肛門挙筋症候群の治療

1850年代の最初の参考文献と1937年に著名な外科医George Thieleの影響力のある記事で病理の証拠のない直腸部の痛みを伴う疾患を記述して以来、「肛門挙筋症候群」という用語は誤って定義されています。実際に、肛門挙筋症候群と呼ばれるものは、骨盤底機能不全、慢性肛門痛、または単純に慢性骨盤痛症候群と呼ばれています。骨盤底の筋肉群の1つ以上が痛みを伴う可能性があるため、肛門エリアの筋肉だけではありません。肛門挙筋症候群は、通常、恥骨上部および陰部痛のような前部の症状より、骨盤の後部で経験された痛みを指すが、肛門挙筋症候群と診断された人は、これらの前部症状にも時々苦しんでいます。

肛門挙筋症候群の症状

(ほとんどの患者は、以下の症状のうち少なくともいくつかがあり、全て経験のある患者もいます)

  • 座位痛
  • (過度)便通後の不快感または不快感消失
  • 持続と断続の痛み
  • 体を横にすると症状の軽減
  • 括約筋またはその上部 の上部
  • 片側の肛門筋肉痛
  • 検査が実行されているときの可視的な病理の不在
  • うつ病、悩み、生活の質の低下
  • 性交時またはストレスによって悪化する痛み

肛門挙筋症候群は、多くの名前で呼ばれて筋肉に基づく骨盤痛です。

異なる医療分野と現在断片化された医師の訓練の間のコミュニケーションの欠如のために、骨盤底の後部または前部で感じられる筋肉ベースの骨盤痛は、以下のような異なる症状として診断されることがある:

  • 挙筋スパスム
  • 骨盤底機能不全
  • 前立腺炎
  • 尾骨痛
  • 慢性肛門痛
  • 恥骨直腸筋症候群
  • 梨状筋症候群
  • 慢性肛門痛
  • 慢性直腸肛門痛

 

この多数の診断は、明らかに患者と医師の間で多くの誤解を招いています。 私たちの研究は、障害の名前にかかわらず、筋肉に基づく骨盤痛の治療法に基づいています。 私たちの理解は、これらのすべての診断された症状が同じ根本原因で引き起こされたということです。

肛門挙筋症候群は、局所的かつ全身的な障害の両方です。

肛門挙筋症候群は患者に当惑と不便をもたらすものと思われます。苦痛から解放するため、患者たちが医者に訪ねて、治療を求めます。しかし、従来の治療では、ほとんど全般的に肛門挙筋症候群が誤解されていました。それがせいぜい部分的かつ短期的であり、最悪の場合、外科的介入または特定の注射のようなものは、問題を悪化させる可能性が高いです。

肛門挙筋症候群の従来の治療の根本的な誤りは、一般的に頻繁に起こる神経系が骨盤筋を慢性的に緊張させるという点で、全身性および局所性の問題であるという事実を全体的に把握していないことです。慢性の心配、不安、神経質な覚醒が、骨盤筋の局所的な痛みおよび機能不全をもたらすという点で局所的な視角です。両方の面を効果的に治療しなければ、肛門挙筋症候群は治らないです。

我々は6日にわたるクリニックを通年提供しております。最も先進の内外の理学療法の自己治療(局所治療)で患者を訓練し、リラクゼーションプロトコルを実践することによって、肛門挙筋症候群の局所的および全身的な問題を解決することに専念しています。長引く奇異性弛緩(Extended Paradoxical Relaxation)は毎日の神経系の緊張を減らすことを目的としております。

ワイズーアンダーソン・プロトコルを用いて症状を改善します。

1995年以来、私たちは以前に肛門挙筋症候群と診断された多くの患者を助けました。 以下は、肛門挙筋症候群といわゆるものに対して私たちの治療経験と理解においていくつかの重要なポイントです:

• 2009年の「泌尿器科学会誌」で発表された私たちのトリガーポイントに関する研究では:

  • 肛門挙筋症候群とトリガーポイントとの関係
  • 肛門挙筋および他の骨盤筋肉のトリガーポイントは、身体のさまざまな部位に痛みを引き起こす可能性があります。

• 選ばた肛門挙筋症候群の患者の痛みは、何年も続いても、挙筋の痛みを誘発するトリガーポイントを和らげることに基づく適切な治療で軽減され、または治ることもできます。

• 「痛みの臨床ジャーナル」に掲載された2011年の調査では、私たちのプロトコルをする患者は、 6ヶ月後にトリガーポイントの感度を7.5 / 10から4/10に低下させ、感度が大幅に低下したことを記録しています。

ワイズーアンダーソン・プロトコルの主要な焦点は、肛門挙筋および他の骨盤筋肉のトリガーポイントを和らげるため、患者を訓練することにより、肛門挙筋の痛みを緩和することです。そして、FDAに承認された内側の発痛点と緊張を緩和することにより、肛門挙筋痛に関連する筋肉をリラッ クスさせます。

ワイズーアンダーソン・プロトコル

6日間のイマージョンクリニック

私たちは1995年にスタンフォード大学の診察室で、骨盤底機能不全の患者の診察をし始めました。 2003年には、カリフォルニア州サンタローザで開催された6日間のイマージョンクリニックの形で、ある個人の診療所で療法を改善しました。この診療所は14人の患者に限定され、年間を通して提供されており、骨盤底の慢性的に収縮した筋肉をリハビリする患者を教え、毎日の不安を軽減させます。ワイズーアンダーソン・プロトコルは進化しました。ワイズーアンダーソン・プロトコルは、自己治療で訓練された患者さんの自宅で毎日行われることにより、多くの患者の正常な生活の取戻しに役立っています。自己治療の目的は、患者がプロの治療法から解放されることです。10年以上にわたり、医療研究により、訓練された患者の自己治療の結果が報告されています。

詳細については、こちらをクリックしてクリニックのページをご覧ください

For questions about cost and eligibility please fill out the form below, email us at [email protected] or contact our office at +1 (707) 332-1492.